MacでAppceleratorとGenymotionを連動させる

Genymotionのインストールが無事終わったんで、いよいよAppceleratorとの連動をします。

1)Appceleratorを起動します。

2)環境設定/Studio/Platforms/Androidを選択します。

3)Default Emulatorで、Genymotionでインストールしたデバイスを選択して「OK」します。

・・・が、保存されない!

もっかい画面を開くと、もとに戻ってるんです。。。

公式ドキュメントを見ると、Appceleratorにも設定が必要なそうな。

ドキュメントはこちらから

4)設定を追加します。

$ appc ti config genymotion.enabled true
Appcelerator Command-Line Interface, version 6.2.2
Copyright (c) 2014-2017, Appcelerator, Inc. All Rights Reserved.

genymotion.enabled saved

$ appc ti config genymotion.executables.vboxmanage “/usr/local/bin/VBoxmanage”
Appcelerator Command-Line Interface, version 6.2.2
Copyright (c) 2014-2017, Appcelerator, Inc. All Rights Reserved.

genymotion.executables.vboxmanage saved

$ appc ti config
Appcelerator Command-Line Interface, version 6.2.2
Copyright (c) 2014-2017, Appcelerator, Inc. All Rights Reserved.

android.ndkPath = “”
android.sdkPath = “/Users/toshisan/Library/android-sdk-macosx”
app.workspace = “”
cli.colors = true
cli.completion = false
cli.failOnWrongSDK = false
cli.httpProxyServer = “”
cli.ignoreDirs = “^(\\.svn|_svn|\\.git|\\.hg|\\.?[Cc][Vv][Ss]|\\.bzr|\\$RECYCLE\\.BIN)$”
cli.ignoreFiles = “^(\\.gitignore|\\.npmignore|\\.cvsignore|\\.DS_Store|\\._.*|[Tt]humbs.db|\\.vspscc|\\.vssscc|\\.sublime-project|\\.sublime-workspace|\\.project|\\.tmproj)$”
cli.logLevel = “trace”
cli.progressBars = true
cli.prompt = true
cli.rejectUnauthorized = true
cli.width = 100
genymotion.enabled = true
genymotion.executables.vboxmanage = “/usr/local/bin/VBoxmanage”
genymotion.path = “/Applications/Genymotion.app”
paths.commands = []
paths.hooks = [“/Applications/Appcelerator Studio/plugins/com.appcelerator.titanium.liveview.core_1.1.0.1495386242/node_modules/liveview/hook”]
paths.modules = []
paths.plugins = []
paths.sdks = []
paths.templates = []
sdk.selected = “6.1.0.GA”
user.locale = “en_US”

 

※結局コマンドで設定しなければならなかった。。。この画面の「Apply」って何なんでしょうね(^^;

5)Genymotionを起動します。

・CLIから起動する

appc run -p android -C <GENYMOTION_AVD_NAME>

例として、

appc run -p android -C “Nexus 7 – 4.2.2 – API 17 – 800×1280”

ってのが記載されています。

今回、ADVとして「Samsung Galaxy S7 – 7.1.0 – API 25 – 1440×2560」を設定したので、

appc run -p android -C “Samsung Galaxy S7 – 7.1.0 – API 25 – 1440×2560″としたのですが、

$ appc run -p android -C “Samsung Galaxy S7 – 7.1.0 – API 25 – 1440×2560”
Appcelerator Command-Line Interface, version 6.2.2
Copyright (c) 2014-2017, Appcelerator, Inc. All Rights Reserved.

2017-06-11T17:15:55.893Z | ERROR | No valid targets for run. Are you in a project folder?

ってなります。。。どう指定すればいいんだろ。。。

・Studioから起動する

普通にAndroid Emulatorとして選択すれば起動してくれます。

終わりに。。。。

今回はじめてAndroidの環境を自分でセッティングしたんですが、メッチャめんどいですねぇ。。

標準のエミュレーターは結局動かせずじまい。。

Timeoutなったり、

[ERROR] : Failed to install apk on “emulator-5554”
[ERROR] : Error: Unknown option: -d

ってなったり。。。

Genymotionが動いてくれたんで、もう今はいいですが、標準的な環境でエラーが出るとは。。

ま、開発頑張ります(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です