node.jsの管理にnを導入しました

Cent6.xの場合、yumでnode.jsをインストールすると、ver0.10.48という、チョット古いバージョンがインストールされます。

nodeの管理パッケージを利用すると、最新のバージョンがインストールされるので、そちらで行うこととしました。

一般的なのにnvmがあります。

ただ、このnvm、ローカルに環境が作られます。

今回は、グローバル環境に作りたかったので、調べてみたら、こちらにそのあたりの開設を見つけることができました。

今回はnを利用します

nをインストールします。

# yum install nodejs
# yum install npm
# npm install -g n
# n stable
install : node-v7.10.0
mkdir : /usr/local/n/versions/node/7.10.0
fetch : https://nodejs.org/dist/v7.10.0/node-v7.10.0-linux-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
installed : v7.10.0

nの主なコマンド

利用可能なバージョン一覧表示

$ n ls

0.0.1
0.0.2

7.8.0
7.9.0
ο 7.10.0

最新安定版のインストール

$ n stable

/usr/local/n/versions/node/にインストールされます。

バージョンの切り替え

$ n 7.8.0

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です