Webmin+VirtualminにPHP5.6を入れる

Webminを入れると、PHPのバージョンとしては7.2と5.4が入ってきます。

ところで、WordPress5.2.2はPHP5.6以上を要求してきます。

今回、7.2ではなく5.6でワードプレスを動かしたくて、その環境を構築しました。

プラグインがPHP7.2でエラーになる

とあるサイトをPHP7.2の環境に、「All-in-One WP Migration」で移行しようとしたんですが、途中で止まってしまう自体が発生しました。

で、メールの方に下記のメッセージが。。

An error of type E_ERROR was caused in line 136 of the file /home/r10011326867/public_html/wp/wp-content/plugins/taxonomy-terms-order/taxonomy-terms-order.php. Error message: Uncaught Error: Using $this when not in object context in /home/r10011326867/public_html/wp/wp-content/plugins/taxonomy-terms-order/taxonomy-terms-order.php:136

調べてみたのですが、136行目の下記をコメントアウトすれば行けるとの記事に出会いました。

add_action( 'wp_ajax_update-custom-type-order-hierarchical', array(&$this, 'saveAjaxOrderHierarchical') );

やっては見たのですが、処理が進むには進んだんですが、まだ止まります。

今度はエラーも出ないので調べようもなく。

そんなかんなで、PHP5系で動かしてみようと思い至りました。

PHP5.6をインストールしましょう!

Virtualminを入れてるんで、PHPのバージョンが変更できるようにはどうしたんだろって調べてみると・・・ありました(^^)

早い話が、Software Collectionを使ってCentOS 7に追加のPHPバージョンをインストールします。

早速、インストール手順にあった、”yum install rh-php56″ってやってみたのですが、”パッケージは使えません”と無慈悲なエラーが。。。

引き続き調べてると、rpmを使ってのインストール手順に出会いました。

# rpm -Uvh https://www.softwarecollections.org/repos/rhscl/rh-php56/epel-7-x86_64/noarch/rhscl-rh-php56-epel-7-x86_64-1-2.noarch.rpm
# yum install rh-php56

これで、/opt/rtディレクトリにrh-php56が作成されました。

PHPを切り替えてみましょう!

さて、その結果はいかに???

無事にPHP5.6に切り替えることができました(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です